作業スタッフ

処分する方法

不要なもの

産廃とは、産業廃棄物の略称です。法律でも産廃として、事業活動の中で出た燃え殻、汚泥、廃油、廃アルカリ類などです。また、航空機の航行によって生じる廃棄物を言います。 一般的な家庭で産廃を廃棄するためには、市町村でのに処理責任があります。産廃を廃棄する許可を受けた業者へ処理を任せられることになります。 産廃の処理では破砕という方法があります。がれき類やプラスチック、木くずがその対象となります。再資源用の破砕機など多く種類があります。これらでは効率的に粉砕するために、カッター刃が2軸にセットされ、内刃に噛みあう状態で回転できるようになっています。廃棄物処理で出るゴミを少なくし、再資源にすることが出来、環境の面でも考えています。

現在、国での産廃の量は3億7千万トンとされています。廃棄物処理の割合としては、55パーセントが再生され、42パーセントが中間の処理で減量、3パーセントが最終に処分されます。このように、ほとんどが破砕され再利用されています。この最終処分が本当の意味で処分されるのです。 環境面で様々な取組が行われています。まず廃棄物処理においてに危険なものが混入していないか調べ、リサイクルできるものかできないものか、分別します。この過程が、効率的にリサイクルできるように取り組んでいることです。私たちに、産業廃棄物処理でできることは、市で決められたルールに従って産廃を預けることです。そうすることで、業者での無駄な負担が出ることがありません。

Copyright ©2016 混合廃棄物は専門の業者へ|地球の環境を守る為に All Rights Reserved.